Translate

9/21/2016

Daikon Greens 大根の葉っぱ

Hello, everyone!  Last Saturday, I found daikon with large green leaves in my local farmer's market for the first time in long time.  Daikon greens contain vitamin C more than daikon, so it was a must-buy to me!
皆様、こんにちは!先週土曜日、地元のファーマーズマーケットで、久しぶりに大きな緑の葉っぱをつけた大根を見つけました。大根の葉っぱは大根よりもビタミンCを多く含んでいます。これは買わなくっちゃ!
The most common way to cook daikon greens in Japan would be sautéed and seasoned them with soy sauce, sugar, and sake or mirin.  Adding miso would be an option as well.  In that case, the nice green color of the leaves cannot be seen; however, adding chopped raw leaves would make the look nice.  Here, I placed sautéed and seasoned daikon greens with miso, soy sauce, sugar, and sake on sliced and grilled daikon, and then sprinkled chopped raw leaves on the top.  I tried this with tofu stakes and that went well, too!
日本で大根の葉っぱを調理する最もよくある方法は、炒めて醤油、砂糖、酒またはミリンで味付けする方法ですね。味噌を加えることもありますね。その場合、せっかくのきれいな緑色を生かせなくなってしまうのが残念ですが、生の葉っぱを少し刻んでトッピングすれば、きれいなルックスになると思います。こちらは、スライスしてグリルした大根の上に、炒めて味噌、醤油、砂糖、酒で味付けした大根の葉っぱをのせて、上に刻んだ生の大根の葉っぱをぱらぱらっとふりかけました。これ、豆腐ステーキでもやってみましたが、それもおいしかったです!
 
Here, I chopped daikon greens and mixed them with daikon, carrot, and boiled and shred chicken breast and then dressed them with mashed tofu, sesame, sugar, and soy sauce.  It is "shiraae."  I think this would be another way to utilize the nice green color. 
こちらは、刻んだ大根の葉と大根、ニンジン、茹でて裂いた鶏の胸肉を混ぜて、つぶした豆腐、胡麻、砂糖、醤油であえたもの、つまり白和えです。生のきれいな緑を生かせる方法の1つかと思います。
#美容食‬ #beautyfood #NY #NewYork #vegetables #daikon #daikongreens

 
Please follow my Instagram
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日本語のメルマガを始めました。ブログでは英語で伝えやすいことに限られがちですので、伝え切れていないことを少しずつお伝えさせていただきたいと思っております。

yoshiko@yoshikoliciousbeauty.comまでお知らせいただけましたら、メーリングリストに入れさせていただきます。
どうぞ宜しくお願いいたします
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 ニューヨーク在住の皆様へ
1017日(月)10時半―1時半にハリソン式部会でYOSHIKOlicious Beauty Cooking Classをやらせていただくことになりました。6月にブルックリンでのお料理教室でやらせていただきました究極時短のブイヤベースとカシューナッツのアイオリソース、セビーチェが大好評でしたので、それをベースに大人から子供まで召しがっていただける2品を加えました。
お申し込みくださった皆様、ありがとうございます!現在、あと2席で満席になりますので、参加ご希望の方は早めにお申し込みいただけましたら幸いです。
 
*究極時短のブイヤベース
10年以上前にお料理教室をしていたときにブイヤベースをやったのですが、その時は丸ごとの魚1匹つぶしてだしをとるところからやりました。参加してくださったある方は、「私はいろいろなところでブイヤベースを食べてきているけれど、これがいっちばん美味しい」と絶賛してくださいました。でも、それは時間がかかりすぎるので、省けるところは省き、残すべき工程は残し、世界最短時間でできるブイヤベースではないかと思うほど早くできて美味しいレシピを考えました。下ごしらえをしておけば、2030分で完成!写真には写っていないのですが、食べるときにカシューナッツのアイオリソースをちょっとかけていただくと、やみつきになる美味しさですので、それもご紹介させていただきます。ブイヤベース食べたいけど時間かかると思っている方に朗報!なレシピです!
*セルクル仕立てのセビーチェ
野菜もたっぷり入ったセビーチェです。それだけでも勿論おいしいしおもてなしにもいいのですが、セルクルを使ってさらにドレスアップしたセビーチェの作り方をご紹介します。

*カボチャのニョッキ トマトソース添え(9月4日付けブログの記事ご参照ください)
先日、あさイチで紹介していた「イタリアのスーパー主婦」がつくってみせた「ニョッキ風パスタ」にヒントを得ています。そこではほうれん草と卵と粉だけを使っていたのですが、私がニューヨークのレストランで食べておいしかったニョッキは**チーズがポイントでしたので、そのチーズを入れました。茹でる時も、「この方がやりやすいんじゃないかしら」とふと思いついたやり方をやってみたら、それが大正解でしたので、是非それもご紹介させてください!

*レッドポテトのホットサラダ
10数年前にマンハッタンの自宅でお料理教室をしていたとき、最初にご紹介したメニューの1つです。日本では見かけない赤い皮のついたポテト、アメリカでは至るところで見られますね。デリで売っているレッドポテトのサラダはどうにも美味しそうにみえなくて、でも手に入りやすいからなんとか美味しく食べられる方法はないかと考えてつくったのが、この温野菜サラダです。お料理教室でご紹介したところ、幼稚園児や小学生のお子さんがいるお母さんたちから「子供のお弁当に入れてみたら全部食べてきた」と嬉しいお声をいただきました。勿論、大人にも大人気で、何10回とつくっている私の秘伝のサラダです。
 
詳細は下記になります。
日時: 10月17日(月)午前10時半~午後1時半
場所: ハリソン式部会(詳細は別途お問い合わせください)
参加費: 75ドル(つくったお食事をランチとして召し上がっていただきます。食後には、私のこだわりのお茶をお出しさせていただきます)
お申し込み・お問い合わせはyoshiko@yoshikoliciousbeauty.comまで、どうぞよろしくお願いいたします!